株式会社CSEによる早稲田大学レスリング部・協賛特別企画

無料お試し

CSEは早稲田大学レスリング部を応援しています

CSEは
早稲田大学レスリング部を
応援しています

株式会社CSEは2020年、早稲田大学レスリング部を協賛することとなりました。
1931年創部である同部は、毎年多数の日本一を輩出している日本レスリングの発祥の地。
こちらの練習場にCSEのアロマ空間デザインサービスを提供させていただくとともに、企画取材等を通じて同部の活動を応援していきます。

  • 第一回

    女子選手3名によるアロマワークショップ

  • 早稲田大学レスリング部との協賛企画第1回は、女子選手3名に参加してもらってのアロマワークショップ。練習場での空間噴霧とは違った目的で、今回はそれぞれの「疲労回復・ストレス緩和」に作用する、自分だけのオリジナルブレンドを作成してもらいました。

    今回参加してくれたのは、左側から、須﨑優衣選手(スポーツ科学部/3年)・臼池優月選手(社会科学部/4年)・小玉彩天奈選手(社会科学部/3年)
    ※選手引率として多胡島伸佳コーチにもご参加いただきました

    どんなときに疲労やストレスを感じる?

    ワークショップ講師となるCSE・森(英国IFPAアロマセラピスト)による、アロマの基礎知識に関する座学ののち、まずは3選手と多胡島伸佳コーチへのヒアリングからスタート。

    CSE森香りというものは、その人の遺伝的要素や育った環境、またその日の体調によっても効果が変わってきます。まずはコンセプトシートにどんなときに疲れやすくなるか、ストレスが溜まるか、などを書いていただきました。皆さんいかがでしたか?

    臼池試験期間に勉強しなきゃいけない、レポートも書かなきゃいけない。そんなときにやることが多くて急かされてしまうと…

    小玉自分も優月さんと同じですね(笑)

    須﨑練習で疲れきって、なかなか寝つけないときがあります。

    多胡島僕も寝つきが悪くて…就寝前は物音ひとつにもイライラしてしまったり。

    メインオイルを選定する

    CSE森分かりました。それではまず7種類のオイルを嗅いでいただき、メインオイルを決めていきましょう。しっくりくる香りや苦手な香り、いろいろあると思いますが…どうでしょう?

    多胡島(グレープフルーツに)なんかお腹が空いてきました(笑)

    CSE森柑橘系は食欲を促進しますからね(笑)。胃腸の働きが活発になるんです。

    須﨑う~~ん (ティーツリーに顔をしかめる)

    多胡島僕はこの香り好きですけどね…

    臼池(シダーウッドに)どこかで嗅いだことがあるような…

    須﨑これ良い…

    CSE森それはゼラニウムですね(笑)。鎮痛作用や抗炎症作用があって、筋肉痛などのトリートメントに使われる香りです。

    小玉オレンジスイートとゼラニウムで迷いますね…どっちも好きです。

    香りの組合せで理想のアロマに

    各選手の好みが明確になったメインオイル選択。次はサブオイルも含めた選定でいよいよ本格的なブレンド作成に。しかし、講師により提案されたブレンドレシピに選手の反応はさまざま。

    臼池なんか、しっくりこない香りがひとつあります…鼻かゆい(笑)

    CSE森臼池さんはシトラス寄りにした方がいい感じですね。須﨑さんも柔らかめの香りにしてみましたが…利用するシーンもイメージしてみてください。

    須﨑試合前とか、とくに寝れなくなるので…

    CSE森では興奮状態を抑える作用があるものが良さそうですね。小玉さんにはラベンダーにハーブ・ウッド調。そしてシャープさよりもソフトめな雰囲気を重視してみました。

    小玉自分、ウッド調はあんまり…

    須﨑(調整された香りに)めっちゃ良い匂いになった…!!

    小玉ホント? 嗅がせて!?

    マジョラムやティーツリーなど、この時点でハーブ・ウッド調を苦手に感じていた小玉選手でしたが、このあと意外な展開に。

    スポイトを使ってブレンド体験

    CSE森それではみなさん、目の前のビーカーとスポイトを使って、じっさいにブレンドを体験してみましょう。1mlや0.5ml単位の作業なので、ちょっと大変かもしれません(笑)

    ほぼ会話もなく真剣にブレンド中。トップアスリートだけあって流石の集中力。

    CSE森ブレンドが完成したら、持ち運べるように遮光瓶に入れます。遮光瓶は光を遮るので保管に向いているんです。最後に、そのアロマに自分だけのタイトルをつけてみましょう。

    須﨑名前を?…むずかしい(笑)

    ところで練習場のアロマは?

    和やかな雰囲気でブレンドの名前を考えるなか、いま現在練習場で空間噴霧しているエッセンシャルブレンドの話題に。ブレンド3種の試香紙サンプルを嗅いでもらいました。

    多胡島ちょうどいま練習場で香っているアロマがどれか、みんな分かる?

    須﨑(真剣に)アクティブレモン…ですか?

    小玉ユーカリミントだと思うけど(笑)

    CSE森練習場などレスリングをする環境で、ニオイが気になることってありますか?(全員静かにうなずく)

    須﨑練習場よりも試合会場で、入った瞬間にモワ~~みたいな。凄いんですよ(笑)

    臼池ああ~、ありますね(笑)

    多胡島仕方のないことですが、大会だと会場のキャパに見合ってない人数が集まることも多いんですよね。今回練習場に提供いただいたアロマは、多くのサンプルを嗅いで、選手にも判断してもらいました。やっぱりいま香っている 【ユーカリミント】 【アクティブレモン】 【サニーグラス】 の3つがベストですね。

    CSE森そうですね、とくに【ユーカリミント】は臭気対策だけでなく、集中力向上や抗菌作用も期待できる成分が含まれます。オフィスでも多用されるブレンドですが、練習場にもピッタリかもしれませんね。

    選手たちのオリジナルアロマが完成!

    こうして完成した各選手のオリジナルアロマ。タイトルはそれぞれ、臼池選手「Orange Blossom」、小玉選手「No.1 Aroma」、須﨑選手「Relax Aroma」となりました。

    臼池私はシトラス調が中心だったんですけど、こういう香りを足して足して、自分の理想のアロマに近づけるのは凄く楽しかったです(笑)

    須﨑試合前とかいろいろ考えてしまって、なかなか寝れないときもあるので、これを嗅いでぐっすり眠って、試合を良いパフォーマンスで戦えるように頑張ります。遠征先にも持っていきたいと思います(笑)

    小玉最初のシングルオイルではウッド調が苦手だったんですけど…調合していくなかでシダーウッドが良いバランスになってきて、合わせ方で全然違うものになるのが分かって嬉しかったです。あと自分で作らないと付けられない名前にしようと思って、「No.1 Aroma」にしました(笑)

    3選手とも楽しみながら取り組んで、それぞれに意義のあるアロマを作ってもらえたようです。とくに小玉選手は、苦手だったウッド系をブレンドの妙でしっくりくる香りに変化させることにも成功。オリジナルアロマ作りの醍醐味を感じてもらえたのではないでしょうか。3選手ならびに多胡島コーチ、本当におつかれさまでした!!

    ワークショップ講師 森優里亜

    東京農業大学(遺伝子工学・微生物工学専攻)を卒業後、大手企業での排水処理プラントエンジニアを経て、㈱CSE入社。英国IFPAアロマセラピスト。CSEオリジナルのエッセンシャルブレンド開発や、企業向けアロマワークショップ講師を務める。最近お気に入りのアロマは「ジュニパーベリー」。

早稲田大学レスリング部とは

1931年に八田一朗氏によって創部された、国内では最も歴史のあるレスリング部。2019年は延べ12名の日本一を輩出しています。レスリング部の魅力は「団結力」。部員一人ひとりが自分の目標、そしてチームの目標のために日々練習に励んでいます。
ホームページ Twitter Instagram

協賛・スポンサーについてのお問合せは、ホームページ内「お問い合わせ」フォームより多胡島伸佳コーチ宛でお願いいたします。

CSEのサービスについて

株式会社CSEは、店舗施設やオフィス向けに、業務用アロマディフューザーを用いて天然100%のアロマを噴霧する空間デザインサービスをおこなっています。
低コストで設置環境の手間を極力省いた月額レンタルサービスだけでなく、オリジナルのエッセンシャルブレンドの制作、個別のアロマワークショップ開催などの実績も豊富にございます。
導入事例はこちらから 無料トライアルおよび各種お問合せはこちらから